屋上防水はビルの屋上でも出来る?

ビルの屋上でも出来る? 屋上防水はビルの屋根でも十分可能です。最近は屋上防水の方法もいろいろと選べるようになり技術も進歩してきています。ビルの上には貯水槽やエアコンの室外機など多くの柱や構造体、あるいは機械などが置かれていることも多くなっています。
また屋上の形状や下地の素材、日当たり、風通しなども様々で、それぞれに特徴があります。屋上防水の際はそれらの特性やメンテナンスの仕方、費用や工期などを総合的に考えてその方法を選択しなければいけません。最近ではウレタン法、アスファルト法やFRP法、ゴムなどのシート方式、アスファルト方式などそれぞれにメリット・デメリットを持った工法が開発されています。
屋上はその建物自体を守ってくれる重要な要素です。屋根のメンテナンスを怠ると水が入り込んでしまい、その建物自体の劣化速度が速くしてしまい、そのビル自体の価値の低下を招きます。ですから、ビルの屋上防水はメンテナンスの基本となります。

屋上防水の工事はどのくらいの時間がかかる?

屋上防水の工事はどのくらいの時間がかかる? 経年劣化とともに建物や屋根は傷むものです。屋根は一度作ったら永久に利用できるわけではなく、随時補修や防水などが必要になります。では屋上防水工事を行った場合には、どのくらいの時間がかかるのでしょうか。
これは屋上防水を行う建物規模によっても異なり、一概に決められるものではありませんが、一般的には工事に入ってから1日から2日程度とされています。屋上防水工事を始める前に防水が必要な個所や建物検査をしたり、周辺への告知を行う必要があります。すべての準備が整ってから工事に入るため、事前の作業にどのくらい時間がかかるかによっても工事期間は異なります。
通常の建物ならば1日から2日程度で終わる工事も、規模が大きくなれば当然ながら期間が長引きます。大規模な商業施設、あるいは複数の所有者が存在している大きなマンションなどは所有者の合意を得るまでに時間がかかる可能性も高く、その規模の大きさなどに見合った工事期間となります。