屋上防水をする前に雨漏り調査をする

屋上防水をする前に雨漏り調査をする 日本は、特に都市部でマンションの需要が高く、次々と新築のマンションが建てられています。
マンションは、完成した時から劣化が始まります。
紫外線や雨、風などに長年さらされることで、徐々に劣化が進むので、築10年以上のマンションは、定期的に大規模修繕工事が行われます。
大規模修繕工事では、外壁の塗り直しや手すりなどのペンキの塗り替え、屋上の防水、クリーニングなどが行われます。
外壁の塗り直しについては、よく知られていますが、屋上の防水については知識が乏しい人も少なくありません。
マンションやビルの屋上は、大規模修繕工事前に行われる劣化診断や調査でも、慎重に行われる部分です。
建物の屋上防水に問題があると、建物そのものの寿命が縮んでしまう可能性があるからです。
屋上防水の調査を丁寧に行うことは、建物の価値を維持する上でも、非常に重要なことなのです。
ですから、調査を依頼された業者側も、雨漏りなど、かなり力を入れて調査を行うケースが多いです。

屋上防水をするきっかけ

屋上防水をするきっかけ 屋上防水をするきっかけとして、下の階に雨漏りした時が挙げられます。
屋上の防水が劣化した場合、その劣化部分の亀裂や腐食部分から水が下の階へ浸透するためです。
そうなった場合は屋上防水を改修工事する必要があります。
屋上防水の亀裂や劣化が起こりやすい部分として排水溝の裏が挙げられます。
排水溝周りは、屋上に勾配があるため水が1番溜まりやすいますだからです。
その部分に亀裂があると勢いよく水が浸透してきます。
そのため、排水溝周りは重点的に汚水工事をする必要があります。
防水工事の方法として、ウレタン防水とシート防水があります。
ウレタン防水は塗り重ねることができるためメンテナンス性が良いです。
つなぎ目のない防水ができるため見た目がきれいです。
シート防水は、上から増張りすることができるが継ぎ目が出てしまうため見た目が良くありません。
しかし、シート自体に耐久性があるため防水性能は高いです。
防水をするきっかけに気づいたら、そのままにせず工事を検討してほしいです。